美観と実用性

フローリングワックスが乾くまでの期間と耐用年数

耐用年数を見て塗料を選ぶ

作業員

アクリルワックスの耐用年数

床にコーティングする塗料により、耐用年数が異なります。アクリルワックスの場合だと、耐用年数が約3年と短めです。しかし、安価であるため、塗り直してもさほど費用がかさむこともないため安心だといえるでしょう。施工から乾くまでの時間は約1時間と早めです。

シリコンコーティングの耐用年数

耐用年数が5年から10年と非常に長いのが魅力的です。費用はアクリルワックスよりもかかりますが、耐久性も高めなので妥当な値段だといえるでしょう。塗ってから乾くまでにかかる時間は、約3日と長めですが、一度固まれば頑丈です。

UVコーティングの耐用年数

このUVコーティングは費用が高いというデメリットがあります。しかし、耐用年数が20年以上であり、性能もコーティング剤の中ではトップクラスであるため、高い費用に見合っているといえるでしょう。塗ってから乾くまでの時間は一瞬です。塗ったらすぐに乾くため、待つ必要がありません。

ウレタンコーティングの耐用年数

耐用年数は約10年です。特別高いわけでも安いわけでもないため、平均といえるでしょう。フローリングに塗ってから乾くまでの期間は、約3日程です。速乾性はありませんが、一度乾いてしまえば、長い期間フローリングを守ってくれます。

用途に合わせて使い分ける

耐用年数が長いものや短いものがあります。これらの違いは利用の幅を広げるという意味で、塗料それぞれの良いメリットになるといえるでしょう。耐用年数が短い塗料であれば、住む期間が短いアパートなどで使えます。費用も安く抑えることができるため、このようなシチュエーションであれば大活躍するのです。